小さな会社のブランド戦略

小さな会社こそブランド戦略が必要です。

そこで、簡単ですがブランド戦略の基本の一部をご案内します。

ブランド戦略には「経営理念」のもと以下の3つの層が重なっています。
1)経営戦略
2)マーケティング戦略
3)コミュニケーション戦略

それぞれの層にて部分的に取り組んでも、ブランドの価値は上がりません。
「経営理念」から全ての層で、ブランド全体への影響を考慮して、一貫して取り込む必要があります。

上記戦略を簡単に表すと以下になります。

「経営戦略」:自社が持つリソースを最大限に活用して、長期的な経営方針を設定します。

「マーケティング戦略」:競合企業との差別化を測りながら、顧客にフォーカスいて中期・短期的な事業内容や、商品・サービスの開発、価格設定、市場シェアなどの戦略を練ります。

「コミュニケーション戦略」:マーケティング戦略を顧客に伝わるようメッセージ化します。顧客とのコンタクトポイントを設定し、顧客に向けてのコミュニケーションを続けていきます。

「ブランド再認」「ブランド再生」を戦略化してブランド想起に努めていきます。
参照:小さな会社こそブランディングが重要