スマートフォンアプリ、クラウドサービスそしてネットショップ(ECサイト)などで、ユーザーが体感する操作性を基準に課題や問題点を抽出します。
「ヒューリスティック評価」を用い、操作性のプロが検証して改善策までサポートします。
開発者の支店ではどうしても偏りがちな操作性、さらには継続性を第三者としてユーザーの目線に立ってユーザビリティ検証をします。そのためにはペルソナを設定しユーザーの操作性を把握し、製品改善と市場価値向上を目指してまいります。

 

ユーザビリティ検証の工程

RFP,開発仕様書などのドキュメントをいただく
ヒアリングをさせていただき、RFP、

開発仕様書などのドキュメントを頂戴します。
 

ユーザビリティ検証計画を立てる
ユーザビリティ検証の目的を明確化し、検証対象とする範囲を決定します。ここで、お客様と検証戦略について合意を図ります。

ユーザビリティ検証仕様書作成
ペルソナを設定してシナリオを作成する。

検証実施
シナリオに沿ってヒューリスティック評価法と共に検証していきます。

ユーザビリティ検証サマリレポート提出
検証結果報告をまとめてユーザビリティ検証サマリレポートとして提出します。検証結果の評価結果および分析結果、そして考察と改善提案をおこないます。

※UI/UXは製品価値を高める「魅力的品質」につながります。

見た目、操作性、さらには継続利用性を各要素として組み入れる必要があります。

お問い合せはこちらから