「届く」 ホームページ制作 で 岡山 の集客をお手伝いします

ホームページ制作 :
いまやホームページはビジネスの玄関口として、公開していて当然の時代になりました。
さらにコロナ禍により、人に会ってリアルの集客が難しくなった今、ますますウェブサイトの重要性が上がってきていると言えます。
 

岡山 ホームページ制作「届く」

そこで、今一度振り返っていただきたいのですが、御社のホームページは集客に繋がる内容になっていますか?
 

ホームページは、“在るだけ“では役に立ちません。
御社のサービスを、確実にユーザーのところに届ける為の“デザイン=設計”は非常に重要です。
 

情報発信はもとより、ユーザーからの第一印象を決めるブランディングに沿ったデザインの制作や、マーケティングに沿ったサイトの構築で、御社のホームページが「集客できるホームページ」に生まれ変わります。
たとえば、商品のイメージを決める色使いや写真のクオリティは、ユーザーの購買意欲を左右する大切な要素ですが、商品の「説明」にこだわりすぎるあまり、印象が暗いとか硬くなってしまっているページはないでしょうか。
街を歩いていて、目を引くのはおしゃれなショーウィンドウで在るように、ウエブサイトのデザインも通りすがりのお客様の目を引く要素はとても大切です。
文字ばかりの情報発信よりも、ひと目でそのサービスがもつイメージが伝わり、興味をそそられるページづくりの方がユーザーの目に留まる機会も増えます。

さらに、伝えたい情報へのアクセスを「わかりやすくする」という配慮も必要になってきます。
インパクトは十分なのに、イマイチ何が言いたいのかわからないサイトをご覧になったことがありませんか?
集客率があがり、サイトに訪問者が増えても、なんのサービスなのかわからなかったり、違う業種をイメージされてはすぐに離脱してしまう可能性があります。
トップページには、誰が見てもなんの業種か解る画像を使いましょう。
わかりやすいキャッチコピーも非常に重要です。ときには画像以上のインパクトを与えるでしょう。
一番知ってほしい情報へのリンクはバナー広告とよばれる小さな枠内に収められた広告にするなど、ユーザーが目的の情報にたどり着くまでの動線はシンプルでわかりやすいほうが好まれます。
 

どんなにおしゃれでかっこよくても、それだけで伝える事はできません。
高齢者向けのサービスに、おしゃれとは言え文字が小さなメニューボタンは適切でしょうか?
ユーザーを想定して、常にユーザー視点で見ることで、自社ホームページの改善点が見えてくるのではないでしょうか。
訪問者が目的の情報まで迷わず快適にたどり着ける工夫をされたサイトは、利用者も増え、集客に繋がります。
 

届けたい情報を、届けたい相手に確実に届ける。
ホームページのデザインを見直すだけで、それが可能になるかも知れません。
 

サイトのリニューアルを検討する際は、 ホームページ制作 に対して支給される補助金も各市町村によってありますのでチェックしてみましょう。(↓岡山県の補助金)
https://www.pref.okayama.jp/uploaded/life/383431_4731681_misc.pdf
 
 

岡山のホームページ制作はクリエ・ココ (crea-coco.com)
 
女性向けサイトはこちら
岡山でホームページ制作はクリエ・ココへ (okayama-homepage.com)